· 

ゆっくりダイエットしたい・早いとゆっくりダイエットのメリットデメリット

久留米市で栄養を学び、健康的にダイエットするサークル。

エーパシです。

 

ダイエットサークルでも、お問い合わせでもときどき「痩せるのはゆっくりでいいの!」とおっしゃる方がいるのですが、急激に痩せるのとゆっくり痩せるのではどう違うのでしょうか?

急に痩せると辛い??

そもそもダイエットで体重を落とす、ということは「カロリーコントロール」が必須になってきます。

 

消費カロリー>摂取カロリー

 

の公式は絶対なのです。このカロリーの差で脂肪を燃やすことがダイエットですからね。

体重だけ注目してもダメなのですよ。

 

そして短期間で痩せるということは、このカロリー差を大きくしなくてはいけませんから、自ずと消費カロリーのアップと摂取カロリーの制限はキツくなります。

 

それでは消費カロリーをアップするにはどうしたらいいでしょうか?

消費カロリーを上げるには?

この答えは簡単ですよね。

そう、「運動」です。

 

運動をすることで消費カロリーは上がりますので、その分脂肪を燃やしてくれるというわけです。

運動は何がいいですか?とよく質問されるのですが、オススメは筋肉トレーニングです。

 

女性の方は筋トレすると足が太くなるとか思いがちですが、昨日今日トレーニングを始めた素人が足が太くなるまでトレーニングできないですし、そもそも摂取カロリー>消費カロリーになっていなければ、太く=重くなりはしないです。

 

有酸素運動は運動しているときだけカロリーを消費します。

無酸素運動は運動時のカロリーはそこそこですが、常時カロリーを消費します。

 

例えるならエコカーと外車でどっちが燃費が悪い=脂肪を燃やしやすいか?

 

厳密にいうとひとくくりにはできないのですが、そういうもんなんだ~と考えてください。

摂取カロリーを減らすには

摂取カロリーを減らすのは簡単です。

食べなきゃいいんですからね。

 

でも、そうはいってもお腹が空きますよね。僕も栄養は大切だと考えています。

6大栄養素はバランスよく摂取しなければいけないです。

炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維、ミネラル

 

このバランスが崩れているからこそ脂肪が付き、肥満になっていきます。

ゆっくり脂肪を減らすメリット・デメリット

ではゆっくり脂肪を減らしていく、メリットはなんでしょうか?

一度で身体にかかる負担が少ない

 

これに尽きるのではないでしょうか?

1カ月で3キロ痩せるのと、1カ月で1キロだと一日にかかる負担は3キロ痩せる方が大きいですね。

運動や食事も頑張らないといけません。

 

じゃあ、デメリットはなんでしょう。

集中力が持つかどうか?じゃないでしょうか?

 

長期的になると半年以上だったり、仲には1年…という長いスパンで考える人もいますが、

ダイエットの原則は消費カロリー>摂取カロリーの公式です。

この公式を保ち続けなければなりません。

 

うちのサロンにも「年だからゆっくりでいいの~」と言う方もいらっしゃいますが、

「大体、途中で太る」

 

人間の集中力って持たないですよ。

だからエンジンかけるときは一気にかけないと、気が抜けたときに一気に太ります。

個人的に思うのは…

早くやっておけばよかった…と後悔するのは怖いですね。

早く痩せていれば、この病気も防げたのに…なんであの時から頑張らなかったのだろう(´;ω;`)

と、後悔しても後の祭りです。

 

肥満は病気ではないですが、ご自身が病気になってしまって、お医者さんが「年だからゆっくり治しましょう」なんて治療を後回しにしたら(実際にはないですが(笑))どうですか?

嫌じゃないですか?

 

年配だからゆっくりではなく、年配だからこそスピーディーに取り組まないとね。

 

どちらにせよ、ゆっくりやろう…なんて言っているうちにどんどん時間は過ぎてしまいますよ(^^)/