おいおい!マジかよ!停滞期の乗り越え方

「なんてこった!体重が落ちない!」

 

なんてことありませんか?

ダイエットを経験したことある人には必ずあると言われている停滞期。うまくやれば停滞期なんかないよ。なんていう情報もありますが、ほとんどの人が経験した停滞期。

 

僕のダイエット中には何回か停滞期にハマりました。停滞期というのは大体体重の5%が落ちたら訪れると言われています。

 

例えば100キロの人だったら5キロ体重が落ちたら停滞期に入る。と思ってください。

 

肥満・腸肥満の方はダイエットスタート時には停滞期は訪れないことが多いですが、ちょい肥満(女性で体脂肪28~30%ぐらい)でしたら十分にあり得ますね。

 

どんなに頑張っていても体重や体脂肪が変わらなければやる気も起きにくいですね。今日はそんな停滞期の乗り越え方をお伝えしますね。

逆に考えるとダイエット成功でもある!

停滞期ってなんで突入しちゃうかご存知ですか?

停滞期は動物としての一種の生存本能です。

 

ダイエット中というのは何やかんやでカロリーを今までより制限しているorカロリー消費が半端じゃない状態。ですから、体が

 

「ヤバイ!大事な脂肪が燃えてしまう!死ぬ!」

 

と感じて身体を省エネモードにしている状態です。これがいわゆる停滞期状態です。長くて2ヵ月にも及ぶ…とも言われますが、そのうち勝手に収まるのも停滞期。焦らず「ダイエットが成功しているんだ」とプラスにとらえましょう。

 

 

焦ったって落ちないものは落ちない

そんなこと言っても体重が落ちなかったらテンションは爆下げですね(笑)

そんなときは鏡で自分の体を見てくださいね。

 

体が締まってきていませんか?しっかり努力している方でしたらサイズ感が変わってきていると思います。

実際僕もそうです。

体重は常に63キロ付近をウロウロしているのですが、サイズは細くなっています。去年買ったジーンズもコブシ1個分入るようになっています。

サイズは違えどなんとなく右の方が引き締まっている感じすると思います。

色が黒いのもあるんですが(笑)

 

しかし、体脂肪率と筋肉量が違うので見た目も変わっています。

事実、左の白いパンツは整体の施術中に履いているのですが、このときはちょうどいいお腹のサイズですが、いまはこぶし1個分は楽に入ります。

 

長年太っていると皮下脂肪はなかなかの強敵です。こんな時こそ運動をするべきなんです。

運動して体脂肪を燃やすときがきたのですよ!

 

停滞期やけんなぁ…とグダグダ悩んでいる暇があったら、歩くでもいいのでまずか身体を動かしましょう。

悩んでいたって脂肪は落ちませんよ!

 

そして運動習慣がついたら健康的じゃないですか?

運動すればいっぱい食べても太りにくいですよ!夢のようですね。

健康だし、好きなもの食べれるし!

 

体重落ちないな~ってときは、はい!次は体脂肪!って切り替えていきましょう(^^♪