· 

ダイエット中に飲みたい飲み物

暑くなってくると水分が欲しくなりますね。

湿度が高くても身体は潤っていないことが多いので水分を摂取することは大切なんですが、

そのとき、何を飲んだらいいのか?

 

理想は”水”ですが、水は飲めない…と言う人もいます。

(本当は水が飲めないって相当やばいんですけどね笑)

 

ダイエット中に飲みたい水分を紹介します。

1・水

まずは”水”です。

 

人体の60~70%は水で満たされていますから、とても大切です。

ですから、水が飲めないってことは相当身体が汚れているってことだと自覚してくださいね。

全ての生物は”水”が飲めますから。

 

ダイエット時は1日あたり体重×4%の水を摂取することが望ましいです。

 

60キロの人だったら、×4%で2.4ℓです。

 

水には

  • 栄養素を運んだり、
  • 体温の維持
  • 老廃物を体外に出す

 

といって働きがありますし、便秘の解消、綺麗なお肌作りにも必要です。

代謝が上がりますし、免疫機能も向上します。

 

カロリー抑えてるし、糖質量も考えているのに痩せない…という方は水が足りていないことが多いですね。

2・緑茶

緑茶は元々カロリー、糖質ともにフリーで素晴らしい飲み物なんですが、カテキンがいっぱい入っているんですよね。

 

カテキンには抗菌作用、血糖値抑制、血圧上昇抑制、抗酸化、などの効能があることが分かっています。

抗酸化っていうのは肌の劣化や癌細胞の素、しみ・そばかすの原因とも言われている活性酸素の作用から体を守る作用です。

3・カフェイン入りのもの

カフェインと聞くと利尿作用がよぎると思いますが、カフェインには覚醒作用があります。

コーヒー飲むと目が醒めますよね。

あの感じです。交感神経が刺激され脂肪燃焼に役立ちます。

 

だからと言ってコーヒーにミルクや砂糖は入れ過ぎないでくださいね。

4・その他水分

よく聞かれるのが、炭酸水ですが、炭酸水はOKです。

しかし、コーラなどのジュース類や糖質が含まれているものには注意が必要です。

 

最近はやりの「フレーバーウォーター」も危険です。

パッと見は透明だけど、飲むと味がするやつですが、あれは完全にジュースですから水だと思って飲んでいるとむくみや肌荒れを助長することに繋がります。

 

無調整豆乳も飲んでいい飲み物です。

調整豆乳は砂糖が入っていることが多いので、成分表示をよく見て購入しましょうね。