食欲が止まりません。どうしたらいいですか?

こんにちは。

 

先日、ダイエットサークルのメンバーの方からこんな質問を頂きました。

 

ダイエットを意識すると空腹感があり、食欲が止まりません。真面目にダイエットをやっているのですがどうしても食べたくなってしまいます。どうしたらいいですか?

30代 女性

 

このような方も多いかと思うのでシェアさせていただきますね。

 

こういった方には僕は「食べればいい」と言っています。でも、中途半端に食べないでくださいね。

この画像のようにもう、お腹が千切れるぐらい食べたらいいんじゃないですか?

 

とは言っても、そんなことなかなかできないですよね。

 

では、適切なアドバイスとしては

 

 

「気のせいです」

 

 

空腹と空腹感はまったく違うわけですよ。

 

  • 空腹:体の中にエネルギーの素となる食べ物がない状態
  • 空腹感:お腹が空いた、という脳からの指令

 

空腹というのは危険な状態ですので一刻も早く食べたほうがいいのですが、食べないと10分後に死にますか?ということです。

現代の日本じゃそんなことならないと思います。

 

ダイエットをしていると、食べなくても死なないけど、無性になんか食べたくなるのが空腹感を防ぐことはできます。というか、なぜこのような空腹感が出てしまうのか?

 

脳:(おい!血糖値下がってるよ!)

満腹中枢:やばいやんけ!なんか食べさせないとね!

接触中枢:お任せあれ!食べさせるようにしとくわ!

僕たち:なんか腹減ったな…おやつ食べようかな…

 

こんな感じです。

血糖値が下がると血糖値をあげようと頑張るんですよね。ですから、急激な血糖値の上昇は避けたほうがいいと言っております。GI値ってやつが関係してくるんですけどね。

 

チョコレートやナッツを数粒食べて空腹感を紛らわせましょう!というのは間違いではないですよ。

 

まぁ、数粒で済むなら初めから太っていないと思いますが。

 

最初は1粒でも、あれ2粒、3粒…どうしましょう?いつの間にか空っぽの袋…。

今日はいっぱい食べちゃったから明日から頑張ろうっと!

 

この繰り返しで1年が繰り返します。

 

このブログを書いているのは2017年の8月末。

もう今年もあと3分の1ですね…。

ダイエットには運動が必要

では血糖値をあげればいいんですよ。そうすれば空腹感が失われるわけです。

僕は毎度ダイエットには運動は必要だよ!と言ってきています。

栄養8割、運動2割をベースとしています。

 

運動ばっかりやっていて痩せないって人はもっと栄養を考えたほうがいいし。

食べ物ばかり気にしている人は運動を取り入れたほうがいいでしょう。

 

運動のメリットとしては。

  1. カロリー消費ができる
  2. 継続の大切さを学べる
  3. 空腹感を打ち消すことができる

この3つ目が非常に大切なんですよ。

運動するとアドレナリンが出るのしっていますか?

 

運動をすると興奮しますよね。この興奮状態のときに肝臓に溜めていた糖(グルコース)を使って血糖値をあげるのです。

筋肉に栄養を送らないといけないからね。

 

そうすると、脳にも血糖値が上がったよ!という信号が送られるので、「じゃあ、食べなくてもいっか」ってなるわけですよ。

でも、キツイ運動は…。と思うかもしれませんが、ウォーキングしたり家の前で10本ダッシュしたりでも大丈夫ですよ。

外は…と言う方は、スクワット50回とか腕立て伏せ30回とか腹筋30回でもいいですよ。やってみてください(^^♪

 

 

脳なんて騙すのはちょろいっす(笑)

 

そうして肝臓に溜まっている糖(グルコース)も吐き出しつつ脂肪も燃やす。理想ですよね。

よく運動したくない!という方もいますが、運動にはこんなメリットもありますよ。

 

更に、運動後は筋肉が疲れていますので、食べた糖質やタンパク質が筋肉の修復に使われて「脂肪になりにくい」です。いいことばかりですね♪

 

寝たきりでも痩せていきますけど、ガリガリの体はウチは目指していないので、

そんなダイエットをご希望ならうちは向いていないので、いい病院をお勧めしますよ。