· 

痩せた理由は一つだけ。カッコイイ親父がいいから

こんにちは。エーパシです。

写真の彼女は個人ダイエットコースで体重-7キロ、体脂肪率-7%の22.7%になりました。

詳細はまた発表しますね。これは僕の写真を見て欲しいので載せました。

ダイエットってやっぱり何事も理由が必要なんですよ。

頑張る理由がないと、「ま、いっかポテチ食べても」「昨日頑張ったからトンカツいっぱい食べてもいいかな」なんてね。

 

根拠もないのに「頑張ったから」というあやふやな理由で食いまくって「減らない…」という無慈悲な現実を突きつけられますよ。

太っていると思わなかった3年前

いや、どうですか?この僕の丸顔(笑)

半端じゃないっすよね。ちなみにこの時の体重は70キロ超えていたと思います。上の写真は60キロです。

全然違いますね。

同じ服装だとまた違いますね~。

 

ま、でもこんな30代中盤結構いませんか?

そんなに太ってもいないように見えるからな~って感じです。

まさに中年ッて感じですね。

意識が変わった保育園の参観日

当時息子があと2ヵ月で2歳になるよ~って感じの日に、保育園で日曜参観がありました。

保育園でどんなことをしているかを保護者の方に見てもらおうって企画で、年に1,2回開催されているみたいでした。

 

そこで、衝撃の事実。

お父さんがみんな若い!

 

そりゃそうですよね。子どもが1歳とか2歳だと20半ばだったりしますよね。もちろん僕より年上の方もいると思いますが、僕より若い人(見た目)が多いわけです。実際に。

 

ほ~、と思っていても、

この顔や、

この顔、

この体が…

スリムになることはないんですよね。願っていてもかなわないわけです。

 

デブな親父はカッコ悪い

そして、昔のことを思い出したら、僕の父はそんなに太ってもいなかったんですが、痩せてもいなかった。

 

小学生の頃に僕は弟と二人でサッカー部に所属をしていたんですが、日曜日に親子サッカー対決!をやった記憶があります。ちょうど10歳ぐらいでしたね。

 

子どもvs大人で校庭でサッカーしたんですけど、時間が経つにつれて大人チームは動きが悪くなってきていました。

しかも、明らかにうちの親父は動きが悪いんですよね。

ゼーゼー息を切らしていたし、ほら、スポーツウエアって良くも悪くも体型って出やすいじゃないですか。

 

そこでも、動けるお父さんはいるわけですよ。めっちゃ足が早いお父さん。

 

子どもたちの中ではヒーローですよ。あれは誰の親父なんだ?って。

運動会のイメージ図ではありますが、まさにこんな感じだったんですよ。

ちなみに父は29歳の時に僕が生まれているので、当時は39歳か40歳です。

 

年齢が…とか色々ありますが、子どもはよくも悪くも正直ですよね。

「太ったお父さんは恥ずかしい…」

 

ちなみに父はその試合で転んで足首を骨折して翌日はギプス姿でした…。チーン…。

しかも翌日学校でいじられる…

太ったお父さんは無条件で恥ずかしいことを思い出す

日曜参観で思い出した事件です。

やっぱり恥ずかしいわけですよ。

子どもながらにね。他のお父さんと比べてしまうんですよ見た目をね。

 

明らかにお腹がデーンと出てしまっているお父さんはカッコ悪いじゃないですか?

それだけです。僕が今でも体型をキープできているのは。

腹が出まくった状態を息子に見せたくない。

ただそれだけ。シンプルな理由です。

しょせんは甘え

太って戻らない理由って色々ありますけど、最終的には甘えにたどり着いちゃうわけですよ(笑)

親父なら体脂肪率を15%ぐらいに抑えてからモノを言いたまえ!

 

やっぱりそっちの方が病気のリスクもないし、

なにより「カッコイイでしょ?」

 

奥さんもそっちの方が自慢じゃないですか?

腹が出まくった状態で威張っているのってカッコ悪いんですよ。見た目が。

自己管理もできないくせに、他人なんか管理できるわけねーだろ!って思われていますよ。部下から。

 

日本人は目上の人を敬うのとデブに優しい国だから言わないだけですよ。

カッコイイ親父になりたかったら一緒に頑張れる方法教えるんで、連絡くださいね。

 

ダイエットは他人が言っても本人にやる気がなければ意味がないので、ご本人が連絡してきてくださいね。