リベンジダイエットはお止めなさい

マジムカつく!絶対見返す!!

 

こんにちは。

久留米市で唯一のダイエットサークルやっていますエーパシの井上です。

 

こういって痩せる人、いわゆるリベンジダイエッターって結構多いです。

Twitterやインスタグラムでも結構多いですね。

他人を目の敵にしてダイエット宣言する人。しかし、このリベンジダイエッターほど「フェードアウト」していくものです。

 

僕の知り合いにもいたのですが、熱しやすく冷めやすいというのでしょうか?人への復讐心って意外と忘れちゃったのか、ダイエットも辞めていきました。

 

僕はあまり怒ることはありませんが、昔はキレにキレまくっていた怒りのプロフェッショナルの気持ちを思い出して「本当の怒り」を教えていきましょう

怒りのプロフェッショナルが教える怒りのデメリット

この怒りを原動力にして何か行動を起こすなら相当な怒りが必要だと思います。

 

喜怒哀楽の中で一番エネルギー使うのが「怒り」だと思います。1週間怒り続けてみてください。多分無理ですから。

それほど「怒り」というのは労力が必要でめちゃくちゃ疲れているんです。そして疲れた先にまっている未来は…?

 

「諦め」です

 

疲れるから諦める、当然ですよね。

この怒りというのは「我慢」と性質が一緒で歯をギシギシ食いしばっている状態です。一時期ならいいですが、ずっとはキツイです。

 

でも、逆に喜怒哀楽で一番ラクなのはどれでしょう?

そう、答えそのまま「楽」です。楽なことって疲れにくいし、続きやすい。

 

だからダイエットは怒りでするもんじゃなくて楽しんでするもんです。

 

「チクショーふざけんな!」と思いながら運動したりするのもたまにはいいですが、

「この運動でまた少し痩せやすくなっているな、腕も足も細くなっちゃうな~♪」と楽しみながらの方が健全ですよ。肉体的にも精神的にも。間違いなく。

男は理論的、女は感情的

むかし「話を聞かない男、地図を読めない女」という本が売れたんですが、

なかなかの男尊女卑ですよね。

 

裏をかえせば、女性は現在地から目的地までの計画性がないって言っているものですからね。

 

ここで「チクショー」となれば中々の怒りですが、しかしですよ!その怒りも筋違いだってことは覚えておいてくださいね。

なぜなら、太ったのは誰のせいでもない100%自分のせいですから。

 

手足を縛られ、誰かにむりやりケーキを口に捻じ込まれていたら、それはアナタのせいではありませんが、太っている人の全員が自分の意思で自分の手を動かし、自分の口にケーキを流し込んでいた結果が今の体重だということを覚えておいてください。

 

痩せているひとは深夜にお腹が空いても我慢しているし、仕事でムカついたからと言って食に走らず趣味でストレスを発散したりしています。

太っているひとは目の前の欲求を優先し続けた結果です。

 

堕落した生活をせずに美を追究した人、美を放棄して満腹を満たした人。

どちらも己の欲求を満たしています

 

等しく平等です、違うのは何を優先にしたのか?ってことです。

 

太っている人だって食欲という己の欲求を満たしています。誰にも邪魔されずに自分の欲求を満たしているのにそれを他人のせいにするのはお角違いだと思いませんか?

 

じゃあ、何に怒りをぶつければいいのか?答えは一つです。

 

「過去の自分」です

 

今までの自分にリベンジかましましょう!それは大いにやりがいのある楽しいことですよ。