· 

ダイエット時に夏バテで食欲がないときはどうする?

「夏バテ」夏になるとよく聞く単語ですが、なぜ?夏だけなんでしょうか?

 

これはひとえに”暑い”からです。

”暑いと汗をかく→ビタミンが流れ落ちる→体にビタミンが足りなくなって元気がなくなる”

 

という流れですね。

 

食べなきゃ痩せるやん!と短絡的に考えるのはダメです。

食事を摂らなければ筋肉が落ちていまい、一時的に体重は落ちますが、代謝も一緒におちてしまい、リバウンドしやすい痩せ方になってしまいます。

消化のいいものをたべる

食欲がないときは水溶性食物繊維を多く含んだ食品を摂取することが大切です。

 

胃腸に優しいですし、食べ物の消化を助ける働きをもった栄養素を含んだものを選びましょう。

キャベツ、ほうれん草、大根ですね。

 

もしくは半熟卵なんかもいいですね。

卵って低糖質だし、たんぱく質が豊富です。

 

ゆで卵とか目玉焼きは食べにくく感じるかもしれないですけど、半熟ならいけませんか?

そして食欲でてきたら、豆腐や枝豆などで栄養を摂りましょう。

 

ちなみに半熟卵は「熱湯で6分30秒」だといい感じです。

睡眠をしっかりとる

夏バテに限らず、睡眠が足りない時に

体調を崩しやすいですね。

 

暑くて寝られない場合はエアコンなどを上手に使いましょうね。

過度の利用は体のダルさを産んでしまいますので注意が必要です。

軽く運動する

夏バテの原因としては自律神経の乱れが大きく関係してきます。

 

ウォーキングやジョギングでもいいので軽く体を動かすことで自律神経を整えましょう。

でも、外は暑いので帽子やサングラスをつけて、こまめに水分補給して熱中症には気をつけましょう(^^♪

 

まとめ

  • 消化のいいものを食べる
  • よく寝る
  • 軽く運動をする

ダイエット時に「食べない」という選択はあまりよくありません。ここを履き違えて「夏バテしないようにガンガン食べる」と勘違いする人も多いですが(笑)

カロリーコントロールは必須ですよ。