· 

飲み会の翌日の筋肉痛はダイエットの天敵!

お酒好きですか?

今日はお酒の糖質がどうの、アルコールのカロリーがどうの、つまみがどうの?

ということではなく、お酒自体がダイエットに対してあまり良くないことを実体験を元に書いていきます。

 

僕はそこまで飲まなくなってきたせいか昔より弱くなってきています。

お酒自体というよりも、飲み会の雰囲気って楽しいですよね。

 

だから、飲み会のときとかは楽しくなって結構飲んでしまうんです。

そして次の日二日酔い…(´;ω;`)

 

二日酔いで頭がボーっとするだけならまだしも、なぜか胸が筋肉痛みたいな痛みがあることが増えてきました。

「トレーニングしているわけではないので、なんでだろうな?」

ってチョット調べたんですよね。すると驚愕の事実が…

急性アルコール筋症

ジムで身体を鍛えたあとのような痛みは、急性アルコール筋症と呼ばれるもので、アルコールの摂取によって筋繊維が破壊されることです。

 

過剰摂取では「筋力低下」「筋の萎縮」になっている恐れがあります。

急性アルコール筋症は、筋力トレーニングによって起こる筋肉痛とは大きく違います。

筋肉トレーニングに場合は、一度トレーニングで傷つけた後の超回復によって筋が成長していくメカニズムになっていますが、このアルコール筋症で傷つけた筋肉は、残念ながら超回復はしません。

 

アルコール分解によってタンパク合成ができなくなった事による損傷なので筋肉は逆に痩せることもあります。

 

調べていたら、自分の筋肉が減っているかも!と思ってプロテインシェイクを飲みましたよ(笑)

 

私は毎日飲んでいるけど筋肉痛にはならないわ~は、慢性化かも

お酒好きだと毎日飲んでいる人もいると思います。

毎日お酒を飲んでいると『慢性アルコール筋症』になってしまっています。

 

ようするに慣れちゃっているんで多少筋力が低下していっても気づかないんですよ。

ある程度運動すると筋肉痛が起こらなくなってくる現象と似ていますね。逆バージョンだけど。

 

少量であっても、これまでの総アルコール量と筋力の低下は比例する結果が出ているので、毎日の晩酌は控えましょう。

 

どうしてお酒を飲むと筋繊維が破壊されるの?

アルコールはタンパク質の合成量を40%も低下させることがわかりました。

他にもビタミンD不足になると筋力低下しやすいそうです。

 

破壊された筋繊維の再生には良質なタンパク質を摂取することで防げるので、プロテインなどの補給がおすすめですね。

水を飲んでアルコールの排出を促す

よくチェイサーでお水を飲むと酔いにくいっていいますよね。

つまり水を摂取することでアルコールの排出を促します。

 

体内にいっぱいあってもしょうがないですから。

せっかく代謝をあげるために筋力をつけようとしていても、アルコールで筋力が低下してしまう=代謝が落ちる、そして体脂肪率が上がる…。

 

こんな悪循環は嫌ですよね。

アルコール摂取を辞めろ!とは言いませんが、水をしっかり飲んでアルコール筋症を防ぐことはとても大切です。

スポーツドリンクでもいいんですが、砂糖が入っているので注意してね。