· 

マウス実験では「ヒトの健康」はわからない

ちょっと前にダイエットサークルで話題になったのが糖質制限をすると逆に太るのではないか?

という話。

 

なんでもテレビでやっていたそうです。僕は確認していないのですが、マウスが老け込んだらしく検索したら上記の画像が出てきました。

「やっぱり糖質は必要よ~」なんて言っていましたが、何も0にしたら?というわけではなく、過剰摂取しているから肥満の状況が出ていることを理解してもらえると早いのですが…(笑)

 

普通にしか食べていない、というものがもはや「普通ではない」ですからね。

太っている人の普通と痩せている人の普通は違うということを肝に銘じてください。

もし、あなたが太っているのならあなたの食生活、運動習慣は普通ではなく、異常だとみとめるところからダイエットは始まります。

そもそもマウスの実験がヒトに当てはまるのか?

この実験は元々マウスの主食は穀物なのに「高タンパク・低糖質」の食事を与えていますからそりゃ老けますよ。

何百万年前からその食事なのに、タンパク質を与え続ければそりゃ代謝が破たんしますよね。

 

以前、ウサギにゆで卵を与え続けたらコレステロール値が上がって危険だから、ゆで卵は1日1個まで。みたいな論文が発表されましたが、そもそもウサギは卵食べないので、内臓できちんと消化できないですよね。

 

その後のやり直し実験ではコレステロール値の上昇はみられないため、1日何個食べてもいいよってなったんですが、そちらはあまり浸透せず(笑)いまだに信じている人もいますね。

 

よく薬物実験をマウスで行いますが、食べ物実験はマウスの結果は人に当てはまりません。

糖尿病はなぜ起こるのでしょう?

糖尿病の原因では糖の摂りすぎが原因の1位になることがほとんどです。

糖を摂りすぎることはよくない、ということは現状で分かっています。

 

そもそも、ヒトの体に糖はそんなにいらないのに摂りまくっているから病気になります。

糖尿病かもってなったら、いきなりインシュリンの注射打ちます?

まずは食生活の見直しですよね?

 

 

お米もっと食べてください!って言われないですよ。

病気になったら食事制限は相当過酷だと聞いています。

いちいち振り回されない

情報社会ですから、あっちが良いと言えば、こっちも良い。

あちらが良いと言えば、否定の意見も出てくる。

 

テレビは分かりやすいように伝えるため表面上の情報しか流されないです。

大切なのは情報を吟味して選択すること。

いちいち振り回されていたら、まっすぐ進めないですよ。

 

それに糖質をいっぱい食べまくって痩せたって人います?本当ならそんな人も多くなるはずですけどね。

ご飯やパン好きに痩せている人って少ないですよね。