ドカ食いを辞めるために実践したこと

ドカ食いは天敵…。

 

こんにちは。

久留米市で唯一のダイエットサークルやっています、エーパシの井上です。

 

ダイエットをする上で一番危惧することが「心が折れてのドカ食い」です。ダイエットに挑戦したときってポジティブなことを考えがちですが、少し体重が減らなかったり、若干増えたりもするときがもあります。

そんなときに心がネガティブになって…

 

「こんなに辛いことしているのに!ムキ―!」

 

ってドカ食いに走るパターンです。ダイエットに失敗するときはほとんどの方がこんなパターンです。

そして誰もが「食べたい…」と思うことがあるでしょう。

そんなわけでいかに「食べたい!」という渇望を防いでいけたかをお伝えします。

ストレスを思い切り趣味にぶつける

皆さんは趣味をお持ちですか?以前の僕の趣味はスターウォーズ、プロレス、盆栽…と身体を全然動かさない系でした。大体太っていると思考回路が

 

「スポーツ=死」

 

になりませんか?もしくは「スポーツ=キツイ、辛い」な感じ。

 

僕は大会出場も決まってしまったので水泳を始めたんですが、泳いでいると何も考えずにスッキリしてきます。どうやったら楽に泳げるかな~って考えながらも泳いでいるし、仕事や人で悩んでいても動いていると考えなくてよくなります。1回脳をクリアにすることでいい考えも生まれますしね。

 

更に、ジムに通うのに月に7,000円程かかります。この7,000円を取り替えそうと結構行くわけですよ。すると遊んだり買い食いしたりしないのでお金が逆に貯まるようになってきました。

あまったお金をウェア買ったり、靴買ったりして楽しむわけです。

食べ物の質を上げまくる

今までは安くて量がいっぱいあるお菓子を食べまくっていました。その辺ですぐに買えるやつです。

 

値段の安いやつは初めの一口は美味しいです。しかし、美味しい!と思わせるためにカロリーや添加物、栄養なんかは度外視しています。つまり食べ物の「質」としては低いのです。

そんななか、電車で30分ほど揺られてある某有名洋食屋さんに行きました。

オムライス、2,980円

 

いやいやいやいや、なかなかいい値段ですよね。

でも、めっちゃ美味しかったのは間違いなかったんですよね。

 

以前なら、オムライスだけで満足せずにバクバク食べていたと思うんですけど、落ち着いた雰囲気で落ち着いた音楽が流れ、落ち着いた食事。これは満足感半端じゃないです。

 

ながら食事や適当な食事でダイエットを進めると「食事を楽しむ」ことができないです。

少ない食事でも満足感を得るには質を高めることが大切です。

これは「ずっとスリムを維持している人に学ぼう」でも書いていますので参考にしてみてください。

 

是非食べたい衝動に駆られるあなたは上記2つのことを意識するといいかもしれません。

僕はこれで乗り切りました。人それぞれ、趣味や楽しみ方って違いますから貴方には合わないかもしれませんが、試してみる価値はありますよ。

とりあえず、そのチョコレートをゴディバに換えてみるとかね(笑)