ダイエット中の運動はできることから

『ウォーキング程度で痩せると思っているんですか?』

 

先日、SNSでこういったことをおっしゃっている方がいたんです。
この方は筋トレ至上主義っぽいです。

 

確かに、ウォーキングより筋トレの方がキツそうだし、「なんか痩せそう」って思いませんか?

でも、僕はいつも思うことがあります。

 

「今まで太っていた人間はいきなりキツイ運動はできない!」

 

ダイエットスタート!よっしゃ筋トレ~!って頑張るけど、今まで習慣化されていないキツイことをやるのは人間続きません。これは何においてもそうですよね。初めは結構しんどいです。

 

今日はダイエットしたいけど激しい運動はちょっと…というアナタへ

ダイエットの運動はできることから

さぁ!やるぞ!と始めたはいいけど3日坊主で終わってしまう…。そんな経験はありませんか?

ここでのキツさは肉体的にもってことですが、精神的にもキツイからですよね?

 

つまりストレスの度合いが大きすぎるわけです。走り出して「今日は5キロ走ろう…」なんて思っていても1キロぐらいでキツイな…、帰宅。なんてことは一度や二度ではありません。心が拒否っています。

 

そしてこう思うのです。「あ~、自分はなんて情けないんだ」とネガティブに捉えてしまうことが多いのですが、実はそんなことはないでしょう。先ほども言いましたが、習慣化されていないことを続けるのは苦痛です。

 

ネガティブさは一切なくて、今までお菓子食べて運動はテレビを見ながらの寝返りぐらい…。そんな人間が走ろうかな、と一歩足を踏み出した!

これはとても大切な前進記録です。

 

最高じゃない?

 

 

この一歩を踏み出1したことでアナタは立派なダイエッターです!運動レベルは関係ありませんよ(^^♪

継続させることを最優先に考える

いきなりガチ筋トレ!一日10キロ走る!っていうのはハードル高すぎです。

習慣化されればいいですけど、きっと終わってしまいますね。

ですから、今の自分はどの運動をしっかりできるか?

これを考えることが大切です。

 

1日10キロ走る!はキツイので、1日3キロ歩く。とか目標のハードルを低くしてあげましょう。

目標を高く掲げることは大切ですが、本来はダイエットを成功させる。ということが大事なわけです。

ダイエットは達成しなければ意味がありません。

 

ですから、過酷な運動で心を折るよりも、ダイエットを継続させることを優先にしましょう。

 

人間は慣れる生き物です。習慣化されてきたら頻度や負荷を増やしていけばいいんです。(ずっと同じじゃダメですよ)

もちろん減量ペースは遅いかもしれませんが、大切なのはダイエットを成功させることです。

 

ぜひ、紙に書いて自分ができる運動を確認してみてください。

まとめ

  • ダイエットは継続が最優先
  • 今の自分ならできる運動を紙に書いていく
  • 運動メニューはハードルを下げて続けられる程度ではじめる
  • 慣れてきたら運動を強化していく
  • 常にポジティブに考える

急がば回れ、継続は力なり!ダイエットが成功することを願っています