· 

体重が落ちなくなった?壁をぶち破る5つのコツ

久留米でダイエットを健康的に続けたいあなたへ…。

 

ダイエットは順調ですか?

ん?壁にぶち当たっている?ではその壁をぶち破る5つの方法をお伝えしますね。

それ知っている~ではなくて、実践してみて初めて成果が出るものですからちゃんとやってね。

誰にでもやってくる体重が減らない期間

ダイエット中の一番のストレスはお腹が空くことでもなく、誰かにイライラすることでもないです。

そう、何をしても体重が減らないときです。

 

全てが順調にいっていたとしても、急に何をしても体重計の数字が微動だにしない状態になることですね。

ダイエットで減量するということは摂取カロリーをカットすることです。

摂取カロリーが下がると…、体は食べ物が入ってこないと感じて体の中にあるカロリー(グリーコーゲン、脂肪など)を使ってやりすごそうとします。

 

この場合、基礎代謝は若干減ります。要するに痩せにくい状態になりますから減量の壁にぶつかります。

 

基礎代謝は体の大きさによって変わるので体重が落ちてくれば基礎代謝も下がります。

ですから、同じペースで体重を落としたいなら

 

「摂取カロリーを更に削る」

or

「運動量を増やして消費カロリーを増やす」

 

の2択しかありません。目標体重に近づくにつれて減量ペースも落ちていきやすいことを覚えておいてくださいね。

①食事日記をつけてカロリーをストイックに管理!

ダイエットサークルでもやっていますが、食事日記をつけることはとても大切です。

最初のころはカロリーを計算していますが、今はどうですか??

 

もういちどカロリー計算をしてみるといいですよ。

カロリーの調べ方は「料理名 カロリー」で検索してください。カロリーと量の問題なってきますので、できれば重さで管理できれば完璧ですね。

②プロテインシェイクを飲む

食事の代わりに1日2回をプロテインシェイクに置き換えると低カロリーに抑えることができます。

 

プロテインシェイクですとカロリー計算も簡単ですね。1日2食をプロテインシェイクにして1食を「健康的な食事」にしておやつに高タンパクで低カロリーなものや、野菜、フルーツにするといいでしょう。

③外食を控えましょう

これは少し難しいかもしれせんが効果は絶大です。レストランや外食ではどんなに気をつけていてもカロリーがオーバーしてしまうことが多いです。

調理方法や調味料の配分なども正確にはわかりませんので、外食が続いているようでしたら数週間控えて体重の減少に注目してみましょう♪

 

④有酸素運動と筋肉トレーニングを増やしましょう

運動しなくてもいい?それはダイエットとはいいません。ただの減量です。健康的に美しく痩せることを目的にしていますので、身体を動かしたくない人はこのサイトは向いていないです。

 

筋肉を増やすと、基礎代謝が上がります。何らかの運動を継続している方は体が引き締まっているかもしれません。しかし、その場合でもこれまで以上に負荷をかけないと今まで燃 えていたカロリーと同量のカロリーは燃えなくなっているかもしれません。今のトレーニングのルーティーンに負荷を増やし た新しいトレーニングを追加してみて下さい。

 

今まではスクワット50回だったら2キロの重りを持って50回とかね。

⑤体組成計で測定しましょう

もう理想のカラダを手にいれていますか?

僕はまだまだですので頑張りますよ!!

 

筋肉量が多ければ体重は平均値より重くても体脂肪率は平常でしょう。

女性は「22.1%~24.9%」

男性は「15.1%~18.0%」

 

正常値です。

 

いかがですか?あなたの体脂肪率は正常、つまり普通ですか?年齢は関係ありませんよ(^^)/女性はいつまでも女性。男性はいつまでも男性です(^^♪

 

そうでなかったら、もう少し減量する必要がありますね。

まとめ

体重が減りにくくなる時期は必ず来ると思います。

そんなときはこの5つを実践してみてくださいね。

①食事表でカロリーを計算する

②プロテインドリンクを活用する

③外食を控える

④有酸素運動や筋力トレーニングの負荷を増す

⑤体組成計で現状を把握する

 

痩せれなかったらご相談ください。体脂肪率一桁までなら落とし方教えてあげれます。