リバウンドしないための食事への意識革命「心のダイエット」

久留米でダイエットサークルしています。

整体院エーパシの井上です。

 

今日はダイエットの最悪の結果、リバウンドについてです。

 

ダイエットが成功してやったー!おめでとう!と言っているのもつかの間、

リバウンドしてしまって元の体重になる…。

 

リバウンドですね。このリバウンドを何回も繰り返すとダイエッターにとっては致命的なことになることをご存知ですか?

 

単純に、戻った分をまた減らせばいいじゃん!ってなるんですが、実際はそうもいきません。

何度も体重の増減を繰り返していると、痩せにくい身体に変化していくし同じ体重でも脂肪の多い身体になってしまいます。

 

これを「ヨーヨー現象」といいます

 

体重が減ってまた戻り、また減量して体重を減らすといったおもちゃのヨーヨーに例えた呼び方で、どんどん筋肉が減少して太りやすい身体になることを指します。

 

「なぜ?痩せにくくなるのか?」

 

凄く簡単です。

 

脂肪は増えやすく、減りにくい。

筋肉は増えにくく、減りやすい。

 

つまり、筋肉はいつもの食事だけでは多くなることはありません。多くなっていたらみんなマッチョになっていますよね。何もしなければドンドン小さくなってきます。

 

逆に脂肪は食事の度に増えていきます。脂肪は分裂して、また増えて際限がありません。海外で200キロオーバーの人とか見たことありませんか?あそこまで増えることが可能なんですよ。脂肪って。

そして、体重の増減が何回も繰り返されるとある現象がおきます。

 

「体の恒常性」

 

この反応は体重が安定しないために、身体が危機感を感じて体重を一定化しようとする「防御反応」です。

この状態になるとダイエットしていても体重が落ちにくくなります。ダイエットに不利な状態を作ってしまいます。

ダラダラするダイエットをしないことが大切

そもそもダイエットでリバウンドしてしまうっていうのは、ダイエットに対して「意識が弱くなる」ことによって引き起こされてしまいますよね。

 

ダイエットというのは24時間365日続けることって難しいと思います。これはかなりストレスの元凶になります。

 

このストレスが溜まってしまっていつか限界を迎えてドカ食いして、その食生活がダラダラ戻ってしまってリバウンド…という状態になってしまうのです。

 

この状態を防ぐには自分の意識改革が必要です

 

この意識を変えなければダイエットに成功しないし、リバウンドを繰り返してしまいます。ダイエットは減量すればいいってだけではなく、減量後の体重、体型を維持することですからね。

意識を変えるには、「普通じゃないよ」

太っていたころの自分の食事は

 

「普通じゃない」

 

と認識してください。

 

試しに太っているあなたの食事を書いてみてください。

減らない、とお嘆きならばそれは食べ過ぎってことです。

 

「いやいや、私なんて全然食べていないのに痩せないんです」

 

これは完全に心もデブになっている証拠です。身も心もデブになってしまっています。

 

「私の普通の食事は異常だ」

 

 

と、認めることから始めましょう。

僕も3食食べていてどうして13キロも太ってしまったのか謎でしたが、異常な量を食べていたんですよ。

 

「当たり前じゃないな~」

 

と認識して、まずは量を一般的に減らして、それに慣れたらオートミール(代替え食品)を活用して減量しました。

一般的には病院で出てくるご飯分だけで十分なんですよね。

 

あれで痩せた~って人はいるけど、栄養失調になった~ってい人はいませんよね。

 

ときどき、痩せたら食事制限を辞めてもいいですか?ってお尋ねする人もいますけど、

「辞めたらリバウンドしますよ」とお伝えしています。

 

だって、いくら痩せた人でも「デブを作る食事」に戻したらデブになるのは目に見えています。

 

食事制限を異常だと感じるのでなはく、今の食事が異常で「健康的で一般的な食事」に戻すっていうのがダイエットですから。「健康的で一般的な食事」が「普通」になると戻す必要ありますか?

 

よく、リバウンドしたらどうします?って聞かれますけど、リバウンドしたら切腹するって言っていますよ。