ずっとスリムを維持している人から学びましょう

この前の日曜日に学生時代から痩せている人に久しぶりに会ってお茶をしたので、

そのときに聞いた話を書いていきますね。

 

その友人は出産も2回経験しているのに、すぐに体重が戻ったらしいんですよ。

 

周りにいませんか?

 

 

「そんなに食べているのにどうして痩せているの?」

 

 

っていう人。

正直羨ましくないですか?僕は羨ましいです。できる事なら毎日マクドナルド食べていたい(笑)

でも、痩せている人に話を聞いたら色んな共通点がでてきました。

 

なんでも食べる

好き嫌いがないです。ほとんど。野菜だろうが、肉だろうが、魚だろうが、何でも食べて偏食をしない人が多いです。

味付けもバラエティ豊かで、さまざまな味付け楽しむことができています。

食事の彩りを大事にする

食事の写真を撮っているということなんで、見せてもらったら、どれも彩りがあってまさに「カフェ飯」のごとくです。

ウチの妻もカフェ飯が好きなので今度見せてやりたいと思いますが、彩りを大事にすると、自然とヘルシーな食材が増えてきます。なるほど…太っていたころの僕の食事なんて茶色しかなかった気がします。揚げ物とか、菓子パンとか、粉もんとか…(´;ω;`)

お皿がおしゃれ

食事の彩りもさることながら、それらの食事を盛り付ける皿もオシャレなんです。

「見た目も食事」なるほど…

気になって調べてみると、

 

「食事の満足度が違う」

 

とのこと。皿に移すのが面倒だと鍋のまま食べたり、フライパンを雑誌の上にのっけて食べるのはNGだそうです(´;ω;`)すいませーん。

食べる順番は野菜から

これは以前の記事にも書かせていただいたのですが、やはり野菜から食べると満足度が違います。

せっかくの外食だから美味しくて高カロリーのもの食うぞ!っていう私…(笑)

とは、意識が違いますね。見直さないとね。

体重維持より、健康維持

体重維持をしなくてはいけない!と、思うと必要のないストレスを感じてしまうし、

 

食事自体が億劫になるので、健康になる食事を常に心がけてるとの事でした。

 

たしかに私も減量に成功した今、『維持』する事に注意が傾いているし、

ちょっとストレスだなと感じていました。

 

健康維持を目標にすればヘルシーな食事に直結しますね。

体重維持に全力を傾けるより、

『健康的な食事』を目指す事でダイエットからの脱却やもうひとつ上の目標へランクアップできるのではないかなと感じました。

 

まずは洒落たお皿でも買いましょうかね(笑)