ダイエットに挫折しそうなときに読んでほしい

こんにちは。

久留米市で唯一のダイエットサークルやっています井上です。

 

昨日は月曜日クラスがスタートしました。

今回も楽しんでいきたいと思います。

 

今日はダイエットに挫折しそうなときに読んでほしいブログです。

ダイエットに挫折しそうなときってありますよね。

 

  • 食欲に負けたから
  • 頑張っているのに結果が伴わないから
  • モチベーションが下がってしまったから

 

理由は人それぞれあると思います。

挫折しそうなときは「自分が太った原因」を改めて確認してください。

 

これは以前書いた記事なんですが、自分の食生活、運動習慣などを客観的に見直すことが大切です。

ただ、闇雲にダイエットに取り組んで「やった」気になっているだけではなかなか結果は出ません。

 

本当に今の自分にふさわしいダイエットなのかを見極めることが大切ですから、その為のチェックです。

次に、ストレスをためないことです。ストレスが貯まってダイエットを断念することなんてよくある話です。

 

1・付き合いで外食が増える

これは会社勤めや出張が多い方は当てはまりやすいですかね。でも、社会にいたらそんなことよくありますよね。ダイエットしているから会社辞める…というのも変な話ですしね。

 

これはしょうがない…でも、これを防ぐ方法が一つあります。それは宣言することです。「私ダイエットしています」とね。これがないと…太ったアナタを見て、周りの人は「こいつは食べるのが好きなはず」「太っているから甘いものが好きだろう」と思ってしまうのです。力士=大食い、みたいなレッテルを貼られる前に宣言しましょうね。

2・なぜか1キロぐらい増える

毎日、同じ時間に体重は測った方がいいのですが、そのときによってなぜか体重が増えたりすることがあります。でもこれってよくあることなんで、そんなに気にすることはありません。この現象を過度に捉えてしまうと、無理な食事制限や運動に直結してしまい、モチベーションの低下やリバウンドの直結してしまいます。

3・目標達成の道をガチガチにしないようにする

ダイエットするときは大抵目標数値を決めますよね。目標達成することは大事ですし、ゴールがないと人は走り切れません。ただ、その道をガチガチの厳しいものにすると人は挫折します。だから初めは緩くスタートしてもいいと思います。

 

私の経験ですが、ダイエットで初めに取り組んだのは…

 

 

コーラをダイエットコーラにすること

 

 

からでした(笑)それから夜のご飯を半分にしたり、サラダを多く食べたり、ジムで水泳してみたり…と繋がっていきました。いまより13キロ太っていた私には、いきなりご飯抜いたり、ジム行って水泳とかは無理難題だったわけです。

 

身体を鍛えるアスリートではなく、ダイエッターにはしょっぱなから過酷な運動は厳しいわけです。

 

ですから、運動も「これは続けるのしんどいな」と思ったら一度立ち止まって見直すことが大切です。

 

大事なのは「継続して行う」「精神的に疲労しない」ことです。

 

よし、ダイエットするぞ!と意気込んで続けていれば自ずと運動も続きます。そして運動の負荷もどんどん強くなってきます。現に私もジムに通ってバーベル上げていますが、初めは10キロでもひーひー言ってましたが、いまでは25キロぐらいまでいけます。

 

この瞬間は最高ですよ。

 

昔はできなかったとこが今はできる。大きな成長ですね。今、挫折しようとしている人は是非一度、自分がどうなりたいかを確認しましょう!そしてどうしたらダイエットを継続できるかを考えましょう。

 

なんとか継続しようとしているあなたは美しいですよ。

 

おまけ

昨日のダイエットサークルの写真。