太っていると就職で不利ですか?

今日もブログへの訪問ありがとうございます。

質問ありがとうございます。

就活の時期なんですね~。

質問をくれた方は大学2年生で来年就活らしいんですが、痩せたほうがいいのかな、と言う質問でした。

 

質問者さまも分かっていると思いますが、もう答えは決まっていますよね

 

「デブは太っていると就活に不利です」

 

健康面とか自己管理とか言いますけど、実際問題どうでしょうか?

単純な理由として「見た目が悪い」のです。

人は見た目が9割、いや就活にいたっては10割越えもあるのではないでしょうか?

 

想像してみて下さい

同じ料金で同じスペック、見た目がカッコイイのとダサイもの、どっちを買いますか?

間違いなく見た目がカッコイイ方ですよね。

 

僕は経営者なので雇う側の立場として、同じ新入社員、年齢、性別、年金、給料を払うならどうせなら、見た目がいい人がいいです!絶対に。

この考えはなぜか?と言われると、上記のような理由です。歌って踊るならカッコイイ方がいいんです。アイドルもしかり。仕事だってそうなんですよ。

当時はよく分からなかったですけどね。

社会に出るとわかるようになってきます。

この質問者さまはひょっとしたら、太っているのかもしれません。

でも、自覚しているだけでもネガティブポイントを見つめているだけ、まだマシだといえるでしょう。

 

そして、就活に置いて見た目が悪いというのは圧倒的不利です。それを凌駕するスキルを磨かなくてはいけません。

 

それはコミュ力です。

 

こと、就活においては見た目とコミュ力に左右されるのではないでしょうか?「自分コミュ障なんで…」「人見知りなんで…」とか言っているやつは今すぐ就活を辞めてください。

 

でも、辞めれないですよね。

 

そう、見た目が悪くたって、中身が良ければいいじゃない!

いつも言っていませんか?

 

だからコミュニケーション上げてください!

でも、コミュニケーション力上げるのは難しいです。

だってテクニックが必要だし、いつも同じ答えだとは限りませんので。

 

だったら痩せたほうが簡単じゃない?ってことです。

あなたは太った人から買いたいですか?

痩せた人から買いたいですか?

 

少し考えると答えは出てきますね。