【事実】食事量を減らした方がお腹が空かない。

「お腹いっぱい食べるのが好き」
このような人は心理状態として、
お腹が空くのが怖い。
という不安感が強いです。
「仕事だから食べないともたない」
「甘いものを食べないと頭が働かない」
「ダイエットすると調子が悪くなる」
このように考えている人は要注意です。不安から脳が食べようとしています。
これだと痩せるなんて難しいです。
では、どうすればいいでしょうか?
空腹を感じてドカ食いすると血糖値が爆上げします。
すると血糖値を正常値にしようとして、インシュリンが大量分泌されます。
その結果、血糖値は急降下するのですが、この急降下が不安を感じさせます。
急降下させないためには?
急上昇しないようにしないといけません。
その方法は
「1回の食事量を減らすこと」です。
そうすると、ドカ食いがなくなるので血糖値がそこまで上がりません。
「え〜、辛い〜」
と、感じた方は1回の食事量を減らして→1日の食事回数を増やしてみてください。
不思議とお腹が空きませんよ。
※トータルの食事量は一緒にしてくださいね。総量を小分けにするっていう感じです。